優良な家庭犬育成教室(活動報告)

優良な家庭犬育成教室(活動報告)

愛知県動物保護管理センターでは、毎年7月から8月にかけて「優良な家庭犬育成教室」というものを4回(連続参加)にわたり開いています。
この企画はセンターから家庭に迎えられた犬たちを主な対象とし、飼い主となられたご家族に基本的なしつけ方をお伝えしたり、悩みを共有したりします。しっぽ・いっぽの会は毎年のこの企画の運営のお手伝いをさせていただいています。

参加犬同士のトラブルを防いだり、安心感を与えるためにセッティングされた会場

この企画に参加するのは、主に1歳前後となった元保護犬たちです。野犬の子どもとして生まれ、仔犬のうちにセンターに引き取られ、その後譲渡となっている犬たちが多くやってきます。とてもフレンドリーな性格の犬もいれば、短い期間でも野犬として育った影響を強く受けて怖がりになったり、ソファの下など薄暗い場所を好むような犬もいます。

参加する犬の多くは元野犬(中型のMIX犬)です

この企画ではそうした犬たちが4回のレッスンを通して目覚ましい成長を遂げていくので、会員一同毎年感動を覚えながらお手伝いをさせていただいています。
今回は6家族の登録があり、第1回と第2回ではそれぞれフードでのしつけ方の基本、おすわり、伏せ、待てのレッスンが行われました。

フードを使って伏せをさせる練習

すでに2回は終わってしまいましたが、残りの2回も楽しみにしたいと思います。

活動報告カテゴリの最新記事